保証期間の活用

給湯器は、保証期間内の故障は修理がお得

ガス給湯器は、一般的には、10年〜15年の寿命だと言われていますが、使い方や使用頻度などによっては、使いはじめてから、数年で、なんらかの不具合が発生し、修理が必要となる場合もあります。 給湯器は、毎日使用するものなので、急に壊れたりした場合に、日常生活に大きな影響があるため、ある程度、寿命は頭に入れておいた方が良いでしょう。 また、寿命とともに、予め、給湯器の保証期間もチェックしておいた方が良いでしょう。 保証期間内であれば、故障した場合でも、買い換えではなく、修理に出した方が、安くなるケースがほとんどです。 給湯器メーカーや設置業者の保証期間内であれば、無償で対応してもらえる場合もあるので、確認しておきましょう。

給湯器が故障した場合の、二つの選択肢

給湯器が故障した場合、修理をお願いするか、新しく買い換えるか、選択しなければいけません。 製造から5年以上経過している給湯器の場合は、高額なパーツが故障しているケースも多くなってくるため、修理費用が、購入金額と変わらないくらいの金額になってしまう場合もあります。 ですので、修理業者にお願いする時は、故障の内容や、交換が必要な部品や、それにかかる費用がどれくらいなのかを、しっかり確認しておく事が大切です。 そのうえで、修理するのと、買い換えるのと、どちらを選択した方がメリットが大きいのかを判断するようにしましょう。 また、給湯器は、冬場に突然故障したりすると、とても困るので、数年に一度は、点検をしてもらうと安心です。